なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早くネンゴロになりたいぜ~!!

まだ充電は終わっていないのだけど、一度、試しに撮影してみた。

実はね、さっき、興奮のあまり、初「呟き」をしてしまったさぁ。
ファインダーどこ~!! ちっさ~い!! って、キャッキャした感動を少々。

そんな興奮のニューカメラの画像。
muworld1.jpg
迫りくる~!! って感じ。

かなり基本の画素数が多いので、充電終わったら、ちょっと調整しておかないと、私には扱いにくいかな。
あの大きさで撮られたら、メモリーカードがすぐいっぱいになっちゃうよ。
どう頑張っても、A4サイズに引き伸ばすのが、せいぜいだもん・・・私だと。
正直に言えば、そんな金もなきゃ、プリンターもないから、デジタルの世界か、せいぜいL判だよ。
最近は、L判にだって焼いてないさ。
インク代がね・・・。

そのうち、気に入った写真だけは、写真屋さんにでも行って、紙にしておこうとは思っているんだよ。
ただね、ただね、マニーがさ。

さ、こんな悲しくなるような話題はスルーして、比較用のマイ重鎮カメラの画像。
muworld2.jpg
なんだか、必要以上に明るく見えてしまうけれど、レンズ自体は、上の画像を撮影したニューカメラがF2.8、下の重鎮カメラはF3.5。
撮影してみて、私自身が一番驚いている。
同じ条件のはずだったけど、これは、オーバー気味ね。
アンダー好きな私にとっては、オーバー認定。

HDR機能を使うと、上のほうが明るく&シャープになるのかな?
充電終わったら、いろいろ試してみよ~っと。
たぶん、明日は持ち歩く。
軽いし、小さいし、何より今一番仲良くなりたいんだもん。

され、重鎮カメラがつけているのは、変わらずシグマのズームレンズ。
これはこれで、大好きなレンズ。
最近、値段が落ちてきているようだけど、レンズだけで、今回、私をマグマの生贄にしたカメラがレンズセットで買えてしまう。
ただし、重い&ゴツイので、気合と体力があるときでないと持ち歩けない。

カメラがスゴイ好きな人だと、きっともう情報は確認済みかと思うけれど、ISOは200、ホワイトバランスは電球、測光はマルチに設定して、プログラムオート(P)で撮影。
最近、シャッター優先や光優先のモードでもいろいろ撮ってみたけれど、この間会ったプロのお話を聞いて、プログラムオートに戻してみた。
ただし、夕焼けはPよりSとかMで撮影したほうが、私の好みというのは知っているので、そこは譲らん。

ここまで、それぞれが個性を持っていてくれると、私も楽しくなってきてしまう。
同じものを撮っても、雰囲気が全然違うものになるなんて。
写真を撮るのが目的で出かけるときは、間違いなく両方持って行くね。←ますます重いじゃないか!

比較ついでに、もう一台、こちらはコンデジのμでも撮ってみようと思ったのだけど、最近、不機嫌な彼女は、電池切れだったので諦めた。
代わりに、携帯についている、なんちゃってEXILIMで撮影したものを。
CA390714.jpg
十分きれいに撮れる携帯カメラではあるのだけど、さすがにカメラ、しかも一眼たちと比較すると可哀そうな感じがしてしまうかな。
接写のときは、場合によっては、こちらのほうがきれいに写ることもあるので、いじけないでね!

また、そうやってカメラに語りかける変態が一人・・・。

ちなみに、今回のモデルはマイ作業場でしたぁ。
気がつけば、足元にはデジデジした本や資料、メモがいっぱい。
プログラムやら画像やら動画やらサバやら・・・
作業PCに出ていたものは、そんなもののうち、HTMLとCSSをいじっていたもの。
平たく言えば、ただのメモ帳。
資料作りを兼用して、いろいろ作成中。

ええ。ちょっと滞って、息抜きに充電前のカメラに手を出したのよ。
そんなものよ。私の意志ってもんは。

でも、息抜きができたので、このまま風呂に入って・・・一応、作業再開するよ。


Gとの遭遇の記事に拍手を下さった方、
どうもありがとうございます。
あの熱いGとの戦いの日々が、今はまるで大昔のように感じています。
これ以上になくうれしい拍手なのに、G宛かと思うと、距離を感じたくなります。
勤務先でご使用されている「Gドライブ」が、チャライGが大量に何かに乗って迎えに来るイメージにしか思えなくなっていたほど、Gに冒されていたのです。
この心痛は、おわかりになっていただけるのではないでしょうか。
マGで、お別れしたいのです。
どうかどうか、皆様、私が喜ぶ拍手は別の記Gへお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/15(水) 23:48:08|
  2. 密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家においでよ

そうマイパソの画面に呟きながら、カメラの価格とにらめっこしている。

交換レンズでもいいんだけどさ、レンズのほうが高いっていう事態に、カメラを魅了したい気持ちになっているのだよ。
しかも、私のカメラよりよっぽど性能がいいらしいし、軽いらしいし、小さいらしいしぃ。
私のカメラは、ニコンの超がつくほど低価格のエントリーモデルなのだけど、いろいろやろうとすると、それこそものすごい手間が必要となってしまう。

むしろプロユースじゃねぇの?

そんな疑問がわいてしまうほど、技術が必要。
撮り終わったあとの処理一つにしても、手作業よりバッチで出来ちゃったほうがラクでしょ?
たぶん、これがズバリ価格の差。

中判なんて身の丈にも用途にも合っていないカメラを欲しているわけじゃないのよ。
普通にデジイチって軽く略されてしまうクラスでいいの。
レンズでもいい。
家に来てくれるだけで、私が、ない頭と技術を使って加工しては失敗をする部分は軽くカバーできてしまうことはわかっているの。

今なら、私だけでなく、頼りになるイケメンもあなたを歓迎するわ!

実家にいる彼は、もっと尖っていて、全てが四角かったけれど、見慣れないリアルさがあるんだよ。彼には。
たぶん、次のゲーム機が登場して、そこに彼がまた登場するときには、これくらいリアルな描写になっているはず。

可愛い豚みたいのに追いかけられたり、亀に追いかけられた日には、
「オレは、動物嫌いなんだよぉ~!」
なんて、叫び声を上げながら逃げるか、攻撃するか。
☆にぶつかったときには、羅王もひれ伏すしかないほどの筋肉に覆われた巨大な肉体がリアルに描写される。

ああ、また脱線しちゃった。
今の私の二大関心事が、彼とカメラなわけだ。

試しに、今のカメラのISOを最大にして、満月手前で力が感じられる月を狙ってみたのだけど、イマイチ。
DSC_0893.jpg
これなら、カメラを固定させてシャッター開放で撮るいつもの撮り方のほうが、色がきれいだなぁと。
形は、こちらのほうがきれいかな。いつも、どうしてもブレが残るので・・・。
ただ借りた三脚と新たな助っ人リモコンの力でそれは改善されるかも。
問題は動くものが入ったときだよ。人っ!!

地球のみんな、オラに光を~!!

カメラを持つと、そう願ってしまうことが少なくない。
もし願いが叶っていたとしたら、一枚に地球に住む人々の力を要する壮大な写真である。
現実では、あんまり光が強いと、今度は私の目がムス化してしまうので、それはそれで困ってしまうのだが・・・。

そういえば、この夏、新調したサングラスのうち二つが早くも壊れてしまった。
数週間前は、「mujinaの目は、オレたちが守るぜ!」なんてカッコイイことを言っていた彼ら。
DSC_0041.jpg
地味に殉職してしまうとは思わなんだ。
やはり、夏の恋は幻のように儚いものなのね・・・。

夏の恋・・・!?
今年も幻でしかなかったZE~!!
毎年のことだけど、生きていることが精一杯だYO!
ハードル高すぎだろ。それ。
毎年、夏は私の目もギラギラしているはずなんだけどなぁ・・・。
「ここで死んでなるものか~!!」って。


夏の陽気にあてられて、凹んでみたり、巻き込まれてみたり、師匠ヘアに大胆変身してみたりの記事に拍手を下さった方々、
どうもありがとうございます。
「皆さんの拍手パワーを光に変えて・・・」
カメラを構えてみましたが、光量は変わりませんでした。
ただ、うれしさなのか暑さなのか、私が感じる熱量は相当アップしました。
扇風機の前にいるのに、汗を感じています。
熱中症という言葉にビクついています。

いろいろと大変な夏ですが、あっという間に過ぎてしまう季節でもあります。
今日、夕日を撮ろうと思って、いつもより早く帰ってきたのに、太陽は沈んでいました。
先週までは、まだ太陽がツッパっていた時間帯だったのに・・・。
まだまだ暑いですが、季節は確実に秋に近づいているようです。
夏の楽しみを満喫していない人は、後悔しないように、楽しむだけ楽しんでくださいな。

私?
無理、無理無理無理っ!!
超有名スポットでの水遊びも三回目を迎えてしまったら、それこそ、永住しちゃうでしょうよ。
ってか、ウィルス☆いぼも、私の体力低下に伴い活性化したらしいので、プールや共同浴場は、見学の子にしかなれないんです・・・。今年は、飛び火なかったのに。
いっそ目の前の川にでもダイブしてやろうかなぁ。
  1. 2010/08/23(月) 23:10:19|
  2. 密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋のハリケーン上陸

ヤバイ。
帰りに、とうとうワンピースの最新刊を最後まで読みきってしまった。

なんなの~!?
コレ!!


つい二日前に恋に落ちた彼に何しくさるんだ!
彼の美バディに何をしているんだ?
仕事中も彼のことばかり考えてしまっていた乙女な私の気持ちを踏みにじるコレはなんだ!?

電車なの中なのに、一人「ガビ~ン!」と叫びながら、マンガを落としそうになったじゃないか!


全てを忘れて、トキメキをくれる彼の心配ばかりをしてしまう。
衝撃のあまり言葉も忘れたわ。

あまりの衝撃波にフラフラしながら、歩いていたら、こちらも電源が瀕死状態の携帯が最後の光を振り絞るかのように輝いていた。
メールが何通か届いていた。
少し現実を思い出した。

どうにか、先ほど現実を思い出して、いろいろフォトショ作業に入る覚悟を決めたのだけど、傷心のあまりこのまま風呂入って寝てしまう可能性もある・・・。
何もかもあいつのせいだ。
ああ、私の怒りもコアに達しそうだよ。


こんな些細なことで傷つく繊細で根性の根すらない私の入れた気合や無駄なパワー放出に拍手を下さった方々、
本当にありがとうございます。
この衝撃的な状況でも、自我を保てたのは、ひとえに、皆様の拍手あってこそだと思います。
そうでなければ、私は駅の改札を抜けたあたりで灰になっていたんじゃないかと思います。
そのくらいの衝撃波を受けてしまった・・・。
巷のウワサもちらほらと耳にしていますが、恋する乙女としては、愛しい彼の無事を信じて、明日へつながる元気を生み出そうと思います。
  1. 2010/07/29(木) 01:05:19|
  2. 密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エスケープ

昨日のイラッと電話から一夜明けた今日。
洗濯をして、いろいろ雑務を済ませて、パソコンを病院に持っていくところで、またもやイラッと電話の着信。
車の運転もあったので、そのままスルーさせてもらった。

むしゃくしゃして、そのままアリス・イン・ワンダーランドを見に行ってしまった。
3Dバージョン。

私は好きだな。あの話。
映画は不思議の国のところの3Dは、「ああ3Dってスゴイ」という気持ちになったのだけど、導入部分のノーマル世界では違和感だけが残ってしまった。
すごいんだけど、まだ「2Dを3Dにしました!」という感じが拭えないので、仕掛け絵本みたいな印象なの。
こんな感じで。
alice.jpg

私は知っているよ!
今の技術がもっと進んでいること。
ただ、その技術で何か作るには、きっとまだコストやコストや特許などの関係がクリアになっていないんだろうね。
展示会で出てくるような技術やどこかの研究室でできたばかりの技術が私たちの目の前に現れるのは、もっとずっとあとのことなんだろう。
そんな日が来ることを楽しみにしておきます。

さて、以下はお話に触れたいと思うので、畳みますね。 続きを読む
  1. 2010/04/21(水) 22:09:58|
  2. 密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今さらだけど

家にあった「対岸の彼女」を読んでみた。

最初は、主婦のイライラ物語?と思うのだけど、読み進めていくと、過去と現在が入り混じる、そして、大人の女性になったはずの人と少女がリンクしてくる。
とても素敵&私好みのお話。

いくつになっても、不安定な少女の部分を抱えて生きていく女性のお話なのかな。
必要以上に繊細で、必要以上に不安定な心を描いているといっていいのかな。
私自身が文章を書いて、実際に感想をもらうので、断定が怖いっす。
描いている世界や人物とかけ離れた自分の思い込みの上で、批判をされるというのがわかるので。

それでも、疑問でも批判でも共感でも反感でも、なんらかの心が動く作品はやっぱりいい作品なんだと思う。
遥か昔、本当に読書家と言ってもおかしくない量の読書をしていた少女時代に読んだ本のうち、覚えているのはほんの数冊。
それは必ずしも、感動したとか、面白かったというものでもない。
っんだよ!この自慢話はよっ!
と、家族で大ブーイングした話もある。
でも、それでも、記憶に残っているという話は、はやり偉大。
だって、その影で、記憶にすら残っていないものが多いもの。

話が逸れました・・・。
で、今回のお話は、どうだったかといえば、たぶん残ります。
あの少女独特の危うさというものと、たぶんその当時(女子高生であったころ)でも感じたと思う懐かしさ、不安そんなものが蘇ってきたので。
私が女子高生だったころは、すでに突き抜けちゃっていて、あまり危うさもなかったような気はするけど。
どちらかといえば、小中学生か大学入ってからかな。

女子の方々は共感できるところが、どこかはあるんじゃないかな。
決して、レズとか男性嫌いということではないのに、女の子をキレイと思って見とれてしまうことや、ずっと一緒にいたいと願ってしまうこと。
一人になってしまったときの言いようのない孤独感。
少女

残念ながら、これが彼氏とか、いわゆる男では生まれてこない感情。
これは、「次行こう! 次~!!」という気持ちに落ち着く。
けれど、あの女子と女子というものは、連絡が途絶えても、「元気かな」「連絡があるといいな」という、どこかで繋がっていたい気持ちが残る。
こういう気持ちがあるから、余計に男は「次! 次に期待!」って張り切るのかもしれない。

この女子のパイプラインというべきものが、たった一本で、その一本が切られてしまったら?
そんな女子の成長物語のような気がする。
私は共学校しか行ったことがないし、仕事もどちらかといえば男性の中で働くことが多かったので、余計にその部分のみずみずしさを感じるのかな。
それは関係ないか。

まあ、そんなこともあって、私は女子高生がキャッキャ言っているのを見るのが好きです。
男の子もいいけどね。
何にしても、あの「また明日」が保証されていると信じられるような日々を送っている彼らが眩しい。
期間限定と知りながらも、そこにいたいと願ってしまう時間が愛おしいと思ってしまう。
そんな切なさを思い出させるお話だった。

ちなみに、お話は、その記憶を元に今、失敗しないように、友達の手を握り締めに行くという、とても前向きで素敵な結末を迎える。
それがまた、「そうそう懐かしい」と思いながらも、「昔はよかった」ではなくて、「今も素敵じゃないか」と思わせるのに一役買ってくれる。
切なさも危うさも楽しさも後悔も、きっと全てがいい思い出で、いい思い出と思えるような今日がとても素晴らしいのだと信じたくなってしまう。
そんな仮説を確信に変えてくれたお話でした。
  1. 2010/04/21(水) 21:36:09|
  2. 密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 密かな楽しみ
by AlphaWolfy

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url