なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

皆目検討つかん

成績証明書のなんやかんやは一昨日の午前中に、解決したはずだった。

やはりどう考えても、間に合わなくなってしまうので、原本は差し替えという形をとれないかという打診をしてみた。
そしたら、Faxでよいと言われた……。
再提出の理由が聞けば聞くほど腑に落ちないのは無視して、とりあえず間に合うだろうと胸を撫で下ろした。

これで明日、会社帰りに提出できる!

と思ったら、届かない……。
30日には提出すると再三伝えたが、きっと投函は29日にでもしたのだろう。

明日、専門学校に連絡を入れるけど、私の受験どうなるのだろう……。

もう、郵便受けを確認したときの衝撃ったらないよ。
マンションDMとか怪しげな広告しか入っていなかったんだもの。

一瞬、真っ暗闇を感じたよ。
そして、どこかに旅立てた。

なんだか、どっかの占いに、信頼している人物に傷つけられます。それも故意に傷つけよう落としいれようとして。というような、まるでありがたくないことが書かれていた。
信頼している人物かどうかは別にして、軽く当たっているような気がする、なんて、のんきに思い出す余裕なのか諦めなのかが生まれるほどには、私も図太くなった。
それにしても、正直に言って、かなり困っている。
どうしたもんだか。

なんだか、今回のことで無性にどこかの大学院へ行きたくなった。
最終学歴がそこであることが煩わしい。
この先、なにかとお世話になることが皆無になってほしい。
って、それだけで、思い強まる。

勉強したいのは前々からだけど、勉強は金次第。
そう考えたときに、今のお仕事は本当に感謝こそしても怠ける気持ちがしない。
勉強オンリー!
でも、ま、やはり業務なので、純粋に学問に戻りたい気持ちはいつもある。

神さま、プリーズ!
キヴミー! 一等オータムジャンボ!
あ、今月も金欠で、当然、そんなの買う余裕がありません。
給料出たら買いたいな。

あ、そういえば、私の携帯のメール、最近、受信にえらく時間がかかるので、送ってくれる方々はその辺少しゆるい感じで構えていてください。
久しぶりにメールが届いて、その日付を確認すると5日前とかで、しかもまとまって届いてみたり、油断すると圏外で再起動しないと、電波を捉えようとしなかったり……。
この携帯、本当に大丈夫なのかな。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 02:08:41|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日には何事もなかったように

復活するので、お願い!
これだけは言わせて!!

昼間のイラッとさせられた再提出の電話の対応は忘れることにして、申請書を再度、出力した。
DSC_1607.jpg
黒くつぶれているところに、英文とか和文とか書いてあるらしいが読めない。
これが読めないと文句を言っていたらしい。

これ、私のせいなのか?


久しぶりに、あまりにも腹立たしい気持ちになったのを押えることができなかった。
すみません。
明日には復活します。

今日、メールをいただいていた方々に返事を一気にしてしまおうと考えていたのだけど、ちょっと、イラリ具合を残したまま返事するのはイヤなので、返事をしていない方々、すみません!
明日、お返事書きます!
  1. 2011/09/27(火) 22:37:26|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あぁ、もうっ!!

昨日、ホームページ関連を一気に更新した。

成績証明書も請求したし…と、思ったら、不備があるとかで、再度、郵送しろという連絡が。
「僕にはこの書類では意味がわからないんですよ」だって。
書いたつもりだったが、生年月日が未記入だったこともあったらしい。

説明を求められて、答えたと思ったら、「僕が理解できるように送り直してください。郵送以外は受け付けません」ですって。
今のやり取り意味ないじゃんよぉ。

不備はこちらの不手際だから仕方ないにしても、その物言いがかなり不愉快にさせられた。
さすが、お役所。
それでも、去年、請求したときは、急ぎの請求だったのに、迅速かつ丁寧な対応だったのに…。

ついでに「僕宛に書類だけ送ってくれていいですから」って、当たり前だろ!!
これで申請代再度請求されたら、内容証明で送るしかない。

ってか、明日投函して、願書受付期間に間に合うように送ってくれるのかなぁ。
あの対応でものすごく不安を感じている。

なんていうか、お坊ちゃんのまま、大人になってしまった奴とは関わりたくないよ~!
基本的におっさんは嫌いだけど、きちんと大人になった人たちは好きなのよ。
ただ、お坊ちゃんが多いよね。
子供の心を大切にしながら大人になったのと、子供が年とっただけって、別物なのに。
  1. 2011/09/27(火) 12:34:14|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気づいたら素敵な世界が広がっていた

第二部(笑)は、写真ね。
お近くにいながら、一度も訪れたことのなかった庭園に行ってみた。
三連休、ものすごい旅行をした気持ちになってみようと思って。

バラが素敵らしいのだけど、少し時期をはずしてしまった。
来月以降が秋の見ごろらしい。
今は、こんな感じ。
DSC_1568.jpg
一輪……。
しかも、「力の限り頑張ります!」という気概が感じられそうな状態。

涼しさを感じ始めている今日この頃だけど、お花はそういうわけでもないのか、まだ、夏をイメージさせるこちらの方が生き生きとしていた。
DSC_1456.jpg
その生命感に誘われたのか、すんごい食欲と呆れるほどのがっつき具合で蝶が。
おかげですんごいアップの写真がいっぱい撮れた。

そんな花々いっぱいの洋風庭園を抜けると、今度は日本庭園がお目見え。
池の水は、この間の台風のせいか、はたまた棲んでいるものたちによるものか、濁っていた……。
残念な気持ちで歩いていると、素敵な光景が目に入った。
DSC_1483.jpg
光の向きもちょうどあったのだけど、水鏡のようになっていた~!
PLフィルターでやりすぎな写真もできたけど、このくらいがちょうどいいのかな。
これより反射している空を落としてしまうと、残念な気持ちでいっぱいになってしまう、緑ガメの大群が写り込んでくるので、私の気持ちとしては最低でもこのくらい反射している姿を残したい!

ニョキっと水面にある変な丸は、そのカメの頭。
カメの頭が出ていないのは、鯉の感じが素敵じゃなかったりと、なかなかどうして、バランスが難しい。
海がめは出会うとうれしいのに、どうして緑ガメに出会うと、残念な気持ちになるのか。
それはGに対する行動とカナブンに対する気持ちに通じるものがありそう。
きっと私の中にある命の差別。
わかっていても、ごめん!
本当に緑ガメ邪魔!!

その緑ガメ地獄を抜けて、別のところから眺めると、また雰囲気が変わって見える。
DSC_1497.jpg
東京はまだまだ紅葉シーズンとは言えないけれど、ほんの少しだけ先走っている奴らがいた!
水が濁っていたのが幸いしているのか、本当にキレイに水面に空が写る。

うし! 
PLフィルターの力を見せたれ!
そんな気持ちで、緑ガメエリアと同じく、いろいろ試してみた。
DSC_1501.jpg
もっと激しくしてしまったのもあるけれど、これも充分スゴイでしょ?
なんだか、メルヘンチックな感じすらするよね。
露出は確か変えていないので、本当にフィルターの変化だけ。

現実なのにフィクション。
写真などなどの表現物のよいところでもあり、欠点にもなるところだよね。
作り手は感動を伝えたりするためにデフォルメして表現しようとするのだけど、受け取り手はそれを「事実」として誤解する。

私がそれで愕然としたのは小学生のときだった。
夢の世界のような阿蘇の草千里の写真を見て憧れて、家族旅行先を九州にしてもらったことがある。
母も妹も私と同じように、夢を見ていたと思う。
辿り着いた現実は、生きていることを認識させてくれた。

牛糞、馬糞の臭いが全身に染み付き、馬に乗せてもらって周る草千里の中は、それはそれは、糞だらけだった……。
夢破れて、展望エリアから草千里を見ると、やはりそこは美しかったが現実だった。
私が提出した、その夏の宿題の絵日記だか、自由課題にはシッカリと書かれていた。
「阿蘇の草千里ではなく、糞千里だった。行ってみたことで、現実が見えた」と。

そんなことで、夢のような景色を見たら、怒りたくなるような情報や信じたくなるような口コミを見つけたら、とりあえず、自分がその場に行って確認してみることをオススメする。
人の目を通じて見る限り、それは現実ではない。
フィクションだ。


さて、そのフィクションの感じを目一杯出してみたくて、チャレンジしたものもある。
DSC_1536.jpg
さぁて、これ、なんでしょうか。
ちなみに今日は、帰ってきて、写真チェックして、リサイズだけして、これを書いているので、加工らしい加工はしていない。
別のお話で、いろいろと作業しないとなぁという反省は、もちろん、ある。
明日こそやるよ。

少し反射しているものを弱めると、もともとの姿が見やすくなるかな?
DSC_1540.jpg
逆に統一感を感じ始めて、少し混乱するかな?

洋館のテラスをガラス越しに撮影したところ。
もともと、ある程度はきれいに反射を確認できたから試してみたのだけど、不思議な感じがするでしょ?
この反射を最大限にしちゃうと、テラスの感じが足りないかも。

技術の面でいろいろチャレンジしてみたかったのだけど、改めて見ると、なんだかストーリーを感じなくもないよね。
昔、ここが観光施設ではなく、ただの住居であったとき、そこにいた人がどんな風景を見ていたか。
テラスから手入れをしている使用人たちの仕事ぶりを見たり、花を愛でたりしていたのかも。
室内にいながら、青い空や緑の芝生を見て、微笑んでいたんだろうなぁ。
って、一枚でわかってしまう。
テラスだけの場合には、そのテラスの先に広がる景色は「ご自由にご想像ください!」なのにね。


なんか、いろいろ落ち込んでいた(というより、結果、ただの体調不良だったのだけど)期間は、あんまりネットしている気分じゃなくて、アンドロイドのゲームしていただけなんだけど、音信不通っぷりに不安を覚えられたらしいので、たぶん、明日あたり、写真、どれかアップするかもしない。
携帯もネットもSNSも便利だけど、不便だよね。

一人で物思いに耽ってみたり、夢中でなにかを作ってみたりという当たり前のことが、どこかの誰かの不安につながってみたりするんだよ。
私も逆の立場になることもあるから、どちらの気持ちもわかる。
不安になってしまう気持ちが不便だなぁと思う。
もともと連絡もできず近況も知ることができない状態だったら、連絡がないのは、無事な証拠、必要なときは出会えるって思いながら、ただ自分の目の前にあることに一生懸命でいられたのにね。
  1. 2011/09/25(日) 01:19:57|
  2. 写真のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと気づいたこと

なんだか体調が悪いらしいこと。
そういえば食欲がないこと。
従って、やせていたこと。

あ、だから、マイナス思考だったのか。

しばらくマイナス思考のスパイラルにはまっていて、どうにもこうにも逃げられないと足搔いていたのだけど、結局、体調不良だった。
気分を上げようと、久しぶりに香水買っちゃったYO!
貧乏なのに。

なんで香水かっていえば、匂い一つで、気持ちが驚くくらい変わってしまうから。
ちょっと前まで使っていたシャンプーの匂いがあまり好きな系統の香りではなくて、かなりイライラしてしまって、この間の大処分で思い切って捨てて、好きな香りのシャンプーにしたら、それだけで落ち着いた。
安くないけど、それで気持ちが変わるなら、高くはないと思った……が、体調不良だったとは。

くしゃみが止まらないとは思っていたけど、食欲がなくなっていることには気づかなかったんだよなぁ。
あ、あと、スタミナが落ちている、というか体がだるいのがとれない。
今夜はジョギングしようか悩んだものの、そんなこともあって、明日に持ち越し。


さてさて、今日、気づいたのは、そんな一番近くて遠い己のことではありませぬ。
先の三連休も今回も、金欠という瀕死の病気とよくわからない体調不良により、ご自宅近くを徘徊するだけのお時間。

その徘徊先を今回は通勤定期を購入している路線まで含めてみた。
最初に、恋に悩める女子ぃ~という感じに、東京大神宮に行ってみることを思いついてみた。
一度だけ立ち寄ったことがあるのだけど、なんだか、私、あの神社も好き。

恋する主に女子(といえるだろう女性)たちが、一生懸命お願いしているところとか、おみくじに一喜一憂してみたり、お守りや札なんかを真剣に選んでいるところとか、すごく愛おしい感じがしてしまう。
もちろん、私も一応、その女子の一人にカウントされたいところだけど。
それぞれの恋するお相手は、まだ見ぬ人だったり、報われねぇ~とぼやきたくなるようなツレナイ片思い相手だったり、お付き合いしている人だったり、まあ、様々なわけだけど、見えないご縁や気持ちを望んでしまうという可愛らしさがあるよね。

強くなったとマスコミには言い切られる現代女性だけど、そういうところは、きっと神社というものに自由にお参りできるようになって以来、変わらないんじゃないかなぁ。
ただ不器用になったとは思う。
強い、できる、自立なんてことを教育されながら、社会に出たら、違う価値観の上の世代にバッシングされてしまうわけでしょ。
気持ちや願いというのは、時代も超越していると思うのだけど、制約は時代ごとに違う。
現代女性はたぶん発表美人に振舞うことを当たり前に強いられているのに、それが恋愛や友達付き合いの中では邪魔になるというジレンマが大きいような気がする。
もっと時代を遡ると、「女性=家庭かよっ!?」って、そのときは口に出せないし、今の女性と同じようにどうにもならないと思ってしまうようなことを不満に思っていたのかも。

今、彼ログ対策のアプリがすんごい勢いで人気を博している様子が伝わってくるのだけど、今の女性は全部を知りたい人が多いのかな。
たぶん、そんなことはなくて、知りたいのは、いつだって、相手の心の中だけな気がするけどなぁ。
アプリでも追跡しようがない部分だから、きっとログを知れば知るほど不安になりそう。

それよりも対策を入れなければいけない人が、そんなにも存在することが不思議でならない。
私、入れないよ。
残念ながら、追跡しようとしているんじゃないかと疑いたくなる人物を思いつかない。
知られたところで、「こ、こいつ、会社と自宅を往復しているだけ……」という現実があるだけだし、今日も値段が安いきのこ類を調理しているらしいということが伝わるくらいでしょ。
別に困ることがない。
それによって、私の金や生活を奪われたら困るけど、そうでない限りは、そんな情報をどう調理されても、私はそこには存在していないわけで、お好きなようにとしか思えない。
たぶん、対策入れている人の大半は自意識過剰じゃないのかなぁ。
入れていて、反応が皆無って現実って寂しい気がする。

案外、世の中のほとんどの女性は今も昔も変わらず、シンプルだと思うよ。
対策入れちゃっている人は、その前に、怪しいと踏んだ相手にきちんと愛情表現したらいいと思うよ。
それが特別と思えない人なら、そう伝えるのが、人としての愛情だと思う。
ただ避けてみたとか、傷つけたくないって言い訳は、自分しか可愛がっていないという姿がミエミエだから止めておかないと、自分自身が痛い目に遭ってしまうよ。女の人はシッカリ断られて見込みがないと知ったら、別の素敵な人をすぐ見つけるもんだよ。
とりあえず、人には愛情を持って接しようよ。

「好きな人には、好きといいたい。」ってキャッチコピーが大神宮作成のフリーマガジン(なのかな?)に出ているけど、きっとそういうことでしょ。
女の人の望むことって。
好きな人には好きって言いたいし、できれば一緒にいたい、好きなことを仕事にしたい。
(そして無理なら、次の目標見つけたい←このあたりが女性のチャッカリな感じね)
そんなシンプルなことでしょ。

仕事をしていて思うけれど、男の人とその価値観だけはなかなか共有できないね。
男の人は、我慢して所属することを美学としていて、反発する女性を批判してみたりしているのだけど、価値観が違うんだもの、仕方ないよ。
そこに正しさはないんだよ。
各々の価値観に基づいて行動している。
どういう選択もその人のことなんだから、いいじゃないかと私は思うのだけど。

それはそうと、「好きだけど、この関係が壊れたらって思うと、言えない……」って、よくあるの??
キャッチコピーが、もしかしたら、そんな感じ?
そうだと、そこは、すみません。
あまり共感できない。

私は、好きな人できると、好きと言ってしまうもの。
付き合うか付き合わないかは、別のお話だと思うし、好きになった人が私に恋愛感情を持てなかったとしたら、それはそれで仕方ない。
友達でいいんじゃない。
それでも、ただ愛おしいと思える相手が存在しているってことは喜ばしいことに変わりない。
そう思いながら、新しい人を……。
(いや、だってほら、好きになった人が「好きって言われたから」って、コロコロ好きな人変えていたら、イヤでしょ)
って、思ってしまうのだけど、なかなか相手はそう思ってくれないらしく、大体、伝えた後に無言の期間があって、それで悩んでしまう。

いろいろな価値観があるっていうのは素晴らしいことだけど、悩ましいよね。

なぁんて気持ちになりながら、女子ぃの皆さんを眺めていた。
そして、私もおみくじの列に並んでみた。

うん。
私、神社のもの大好き。
本当はお参りした神社のご朱印かお守りをいただきたい。
特に、可愛いのとか、きれいなのとか、面白いのとかは欲しくなってしまう。
が、今は貧乏で、ご朱印やお守りはあきらめ、おみくじなの。
んなもんで、確か、先週あたりも、近所の神社で引いていたよね。
絵馬つきのおみくじ。

今日は、可愛らしいおみくじ。
引いてみて、ちょっと鳥肌がたった。

   愛すれば ますます深い よろこびに
恋愛:真実(ほんとう)の恋を知った二人ですから、もう別れられません ~以下、略~

え、あの、KATA☆お・も・E~!! の私には、荷が重いのですが。
一体、神さま連合の中では、私はどうなっているんだろう。

あ、きっとここ、いい結果しか出さないところじゃない?
そう思って、チラリと結ばれているものを盗み見してみたら、結構きつい言葉も並んでいた……。

これ、私に妄想を勧めているのかしら。
それはなかなか厳しいなぁ。
妄想は大好きだけど、現実は現実として認識もするからさ。
むは~っ!って、妄想したあと、現実に戻ったときの寂しさったらないよ。

少女マンガ読んだときの気持ちと一緒よ。
胸がキュンキュンしてみて、うっかり自分も明日、制服着てしまいそうな妄想をしたあとに、「やっべ、今月納税だ」とか「夕飯何にしよう」とか現実的なことを考えたときの落差。
年をとるのは大歓迎だし、気持ちの面では年齢は関係ないと思ってはみても、老婆になった自分が少女マンガでキュンキュンしてみている姿を想像してみてしまったりしたときの残念な感じが。
たぶん、本人は、それがとても楽しいと感じるはずだけど、想像する老婆の私は、今の私には外野でしかないでしょ。外野の立場で見ると、痛いよねぇ。

まあ、みんな大なり小なり、そんなとこあるよね?
私の場合は、痛い部分も結局、隠せないから、普通に痛い人になるだけで、みんな本当は隠れ痛い人。
って信じたい。
これ、バレたら、痛い人だろうなぁと感じている自分自身。
なんだかんだいっても、人は人のことを案外見ていないから、だいたい自意識過剰で自己規制をかけているだけなんだけどさ、あるよね。きっと。


あ、なんだか、長くなってしまったので、写真いっぱい試した、もう一つのチャレンジは別記事で~
  1. 2011/09/25(日) 00:28:17|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2011年09月
by AlphaWolfy

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url