なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人の定義

いよいよ今の仕事も大詰め…というときに、気持ちのよくない挙動。
一次納品物の意図や注意点をつけて送ったものの、それらを無視した森を見ず葉脈の形に文句言うという…。
さらに、制作者、つまり私の暴走注意というようなリーク。

当然、議事録や決まった内容のイメージを画像にして共有。
それを元に制作しているので、そんな指摘は部外者が行っているのはバレバレ。

ええ。わかっています。
例の大人気ない対応で切ってくれた人の根回し。
ちょうどそのお客さんの元に出張して、連日ご一緒されてからの変な挙動ですから。
そこから荒れ荒れのjpgと同じロゴ作れという横槍も入っているし。

今、上についている人が、さすがにさすがの事態ということで、きちんと言い返してくれているのが、せめてもの救い。
面と向かって言わず、お昼に一緒に働いている人、全員の悪口言っていたあたりから不信感はあったけど、さすがに大人の対応でない以上でしょうよ。それ。
仕事だよ。
なんで協力しないで、陥れることばかりするかなぁ。
生産性下がる一方やろ。

塩、持ってこ~い! 塩!

そんな気持ちになってしまう。
どうしたら、私の契約期間中に仕事を終えられるか、上についてくれている人が戦略を練ってくれているのが、本当に不幸中の幸い。

その人からはフリー転向後の仕事の打診やお客さんの紹介があって、どれもwinwinを目指しているんだなという姿勢が見えるので、私も安心感と仕事をする気持ちよさがある。
自分を上げるために、他人を陥れるって、一昔前のスタイルでしょうよ。
そんなことしてたら、ネットワークが強化されている現代じゃ、自分の首を絞めているだけなのにさ。

とりあえず、私はチャンスをくれた人、winwinを望む人、正直な人には、全力で望みのものを提供しようと思う。
陥れるために策を練る人は、結局、芯がシッカリしていないから、モノを作ろうにも、望みのものを提供できないんだよね。自分で望みを把握できてないんだもん。
繰り返し嫌がらせされたら、私も当然、気分は萎えてくるけど、それとは別次元の仕事というものを考えたときに、お手上げなんだよ。
だって、求めているものは、結局のところ、モノじゃなくて、自分を賞賛してくれる声とかいうチッポケで無駄なものなんだもん。それは、お世辞やウソが上手い人にお願いしてもらいたい。
私は、ウソが下手だし、お世辞の時間がもったいないと思うから、不適合だよ。

ダサいものはダサいし、二番煎じは二番煎じだし、売れないものは売れないよ。
どんなにお世辞で飾っても、それが現実だよ。

それは私自身にも言えて、例えば、今の私は、なんとな~くiPhoneアプリはビルドできるようになったけど、製品に耐えうるものではないと思うし、もっと勉強する必要があるのが現実。
html一つにしても、ブラウザのバージョンアップによって、リリース時期によって、都度、調べていかないと同じやり方は通用しない。jQuery使えば、なんでもOK神話は、一昔前。
jQuery内のJsがすでにサポート外になっているメソッドもある。
ブラウザのバージョンがアップするたびに、html,css,js,jQuery(ライブラリ)どの要素でエラーがあるのか、把握するのはよいじゃない。

私は、いわゆるweb屋さんの仕事は、その手間を考えると大変で旨みはない仕事だと思う。
だがしかし、いまだに、フロント簡単って勘違いされがち。
教科書通りのプログラムしか写経できないエセになめられたりね。
尊敬の念を込めて、私はweb屋さんの仕事したくないもの。

スマデバのネイティブアプリのプロトタイプ作るのが一番いい。
ゼロから形にして、端末上で動くのを提供する。
バージョン違いの対応は、製品版で。
当然、絵を描いて、設計からフロントまで。
それが元で、ビジネスチャンスを広げられたらいい。
協力者を得られたら、資金を使って、完全版を作るチームを作ればいい。
な~んて、思っていたら、その話、現実になった。

とりあえず、完全なフリー転向後の第一弾か第二~三段くらいの仕事となりそうだ。
他は、師匠たちからおこぼれいただくことになりそう。
それと、以前からの野望。
フリーランス応援アプリをいよいよ作る。
生活に困らなきゃ、一人で開発は苦痛とならない性質なので、水を得た魚状態なのかもしれん。

早く完成させて使いたいね。
フリーの人たちが制作に使える時間をいっぱい確保できるようにしたい。
事務諸手続きは、簡単操作で正確に機械処理がいいよね。
あとあと、できれば営業もできたらいいよね。
今は旨味を感じないクラウドソーシングより、確実なマッチング。
それと没頭して、うっかりブッチしないようなマネージャーのような存在。
入金確認とかも…。

いろいろ入れたいけど、最初は、青色申告+請求関連+着金確認なのかな。
後はフォーマットを用意することで簡単に機能載せられそうな、契約書作成とか。

フリー前に、名刺のデザインと共にいっぱい妄想しておこう。
あとバージョン対応する場合のコストと無料アプリ、有料アプリの収益考えてみないと、作っても食えない人になってまう。
無料だからバージョンアップしないって言ったら、作らない人は無責任に怒るでしょ?
オープンで必ず誰かが無償でアップデート、フォークみたいな仕組みできないかしらね。

全体的には、とてもワクワクする毎日になったなぁ。
厄払いの効果あったのかもね。
別の神社の二日で壊れた厄除け根付が厄を落としたのか?
なんにしても感謝!
スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 01:53:31|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厄を祓ってみた

なんか久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。

唐突だけど、厄払いしてきた。
去年から理不尽だなぁ…というおかしなことが続いていて、前厄に気づいた。
そして年明け早々、こりゃ笑うしかないな、という最大級の理不尽が舞い降りて、親族やお仕事の師匠たちの酒の肴になった。

仕事しようにも決断はできない派遣契約、だもんで、決断を仰ぐと、「君みたいに仕事をしてきたわけじゃない」とひねくれてみたり、「仕事って大変なもんなんだ」と語り始めたりで結論がない。
どうしようもないから一問一答方式で質問すると、今度は「君の人格を疑う」とか言い始める。
何作るのかも、考えろという。
研究開発じゃなくて、受託案件なのに、仕様も希望も教えてもらえん…。
でも納期だけはタイト。
仕方がないので、想像で作ると「これはいらない」と口を出し、挙句の果てには、指示に従ったら、それが結果よろしくないらしく罪を着せてくれる。
私の得意な言語はAndroidだって、最初からず~っと言っているのに、Objective-Cだったり、HTMLだったりが得意そうだからとかいう訳わからん脳内変換で、そちらで開発。

Objective-Cはお初なので、私も「うへ~、今までの言語とまるで違うな~」って驚きの連続だったところに、「フラッシュビルダーではできる」とかわけわからんことを。
リスト型のビューは、AndroidもObjective-Cも、データを繰り返し処理で出していかねば、コンポーネントを配置しても文字は出ない。そこから説明しても理解してもらえない。

で、切るという話。
今回の派遣会社はフェアなところだったので、双方から話を聞いて、即、会社都合での離職が決定。
言語の仕様を私のせいにされても困るし、無理を言えば、言語の仕様が変わるわけはない。
少し勉強してほしい…というより、それで技術屋を語らないでほしい。
なんか、静かに一所懸命に勉強しては作る人たちがかわいそうになる。

思ったより早くiPhoneとiPadの画面が作れてしまったら、「これで僕からの仕事は以上です」と。
中身確認しないで。
そこから、別の人からの仕事を受けるようになって、私の事情を加味してくれて、ポートフォリオに入れてもよい企業サイトを一つ作らせてくれることに。それと他の立体物デザインやらインフォグラフィックやらね。

最近、ブラウザが新しくなるたびに、JsのAPIが廃止や変更になっている感があるので、少しでも長持ちするよう、企業サイトは極力きれいなHTMLといろいろできるようになったCSSで組んでみている。
その上で、JS使うならいいけど、最初からスタイルもJSに頼るとJSをオフにしているユーザーへの配慮のボリュームが大きくなってしまう。
今の流行じゃなくて、何年も使える、その企業にあったサイトにしてあげたいと思う。
それが残り十数日の私の仕事。

そんなわけで、久しぶりに、円満な会社都合の離職。
ということで、ガツガツ次を探さずに、失業手当もらいながら、また勉強します!
今度は、iPhoneアプリ作る学校。
個人でリリースするお金ないので、在学中にリリースできないかな、っていう目論みと、フリーランスのお仕事をしないかと去年から声をかけていただいているのに、winOSとAIが足りていないという現状があるので、アカデミック版を手に入れたいという切実な希望が。
それとね、やはり確定申告や請求書も簡単に作れるようなフリーランス向けのアプリほしいんだよ。
私が。
大学のときの会計学で、そういった分野が好きでないことがわかっているので、その部分は一回プログラム作って、あとは機械で処理してくれたら、私は純粋に制作する時間が増えるなぁって。

フリーランスのお仕事は、写真のほうだけではなくて、今までしてきたライターとアプリ開発関連、インフォグラフィック関連のものも含むので、名刺も用意しないとなぁ…。
いろいろ準備しなきゃ、というときに、風邪ひきまして、先週はサタデーナイトにフィーバー、その後、火曜日までフィーバー、木曜日までオネエ声という事態で足止め。

大きな出来事に隠れていた残念出来事、ネットで買ったチャリが不良品で初日にベルが壊れ、3日でチェーンとサドルがおかしくなる。1ヵ月後に走行中にペダルが折れる。っていうトラブルの対処を済ませたり、いよいよお祓いしたりと足元から始めてみた。

厄除けはさ、昔、某有名大師でしていただいたら、その3日後に3年ぶりに現れたGが札の枠に沿って走り去るという恐怖に遭遇して以来、していないのよ。
してもしなくても、厄でも厄でなくとも、この数年は波乱万丈状態だったし。
でもね、よく考えてみれば、これで来年の後厄終わったら、女性は「ない」とされていることが多いでしょ。
厄年。
これはしてみないと! と思ってしまったのだよ。
今度は神社で。

ただし、貧乏なわけで、祈祷料が3,000円のところ限定。
昨日、調べて、そのまま予約。
本日、行ってみたら、ちょっと感動した。

オートメーションな祈祷じゃなくて、神主さんが私だけのためにしてくれるのよ。
正直申し上げて、それで神さまがご加護をくれるかなんて、わからない。
それでも、私に厄災がなく、幸福に恵まれるよう、神主さんは札を用意してくれたり、読経?読み物を用意してくれたり、そして、儀式をしてくれるわけです。

お金が動くから当然ということはあるにしても、仕事していりゃわかるでしょ。
嫌々やるのと、心を込めてするのの違い。
繰り返し相手から嫌なことをされない限り、イヤイヤな気持ちにはなりにくい。
って考えると、心を込めてくれているはずで、そう思うと、家族や友達という存在以外でも、幸せを願ってくれるひとがいるんだということに気づけて、それがまた、心を強くする。
そんな実りある厄払いだった。

で、自宅に帰って、改めて、いただいたものを見ると、3,000円でいいのかなぁ…。
なんて思ってしまうお守りやお皿、付箋や飴ちゃんなどなど、お土産の数々。
すごいな、神社。

こんなにいただいたからには、きちんと幸せ掴みにいかんとならんな。
そんなわけで、ちょっとフリーで動く準備始めます。
考えてみれば、いよいよだね。
回り道しちゃったね。数年間。

とりあえず、名刺は、winでai開いてみたんだけど、まとまらなくて中断。
写真用も配布できるのを作る予定なんだけど、それ以外は、もう一つにまとめる。
進むのは今まで通り、いわゆるUXデザイン分野。
だけど、定義ができていない人にはキツイから、技術の切り売りもできるように具体的な業務を挙げようとしてみたら、すんごくクドクなっちゃったので、中断。
ちょっとクールダウンして、もう一度トライだね。
  1. 2014/01/27(月) 02:49:09|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2014年01月
by AlphaWolfy

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url