なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GOEMONを見に行ってみた

宣言通り、見に行ってきましたよ。
GOEMON

アクションっぽいし、映像きれいみたいだし、歴史だし、なんだか筋肉質のイケメンが多くいそうだし・・・と、私の心をくすぐりまくったので、好奇心に負けてしまった。
私が映画館まで見に行くのは、「映画館で見なきゃウソだろ~」と思うくらい映像にこだわりがあると感じるもの限定。
原作やキャスト(・・・は、あまりないけど)に興味を持ったものは、DVDや最悪テレビでいいやと思ってしまうので。

ほら、映画って、その世界に入り込むじゃない?
言ってみれば、読書なんかと同じく、一人の世界なのよ。
だから、できれば、邪魔されたくない。
そんなことで、映画館に行くのも一人が好き。


そんな私が感じたGOEMON。
まず、デートにはオススメしません!!
館内には、一人客から友人同士やらカップルやら、多種多様な組み合わせがあったものの、見終わった後、なんだか、考えさせられてしまったせいか(私の場合は)、圧倒されすぎたのか、エンドロール終わって、館内が明るくなったのに、そして会場出ても、おしゃべりする人がいない・・・。
途中、私も、男の人を含めた周辺の人たちも泣いてしまったし。
私の中では、北斗の拳と少しダブるところが・・・。

最初はCGの動きが早すぎて、スターツアーズ以上に酔いそうになってしまったのだけど、見ているうちに目が慣れたのか、CGの気持ち悪くなるような部分を減らしたのか、違和感なく、その世界の人間ドラマに入り込むことができた。
アクションやキャスト、映像というよりは、ストーリーを重視した作りだなぁと感じる。


以下、ネタばれになるかも・・・。
文字を反転させてみましょうか・・・私の絵の色があるから無駄かなぁ。テンプレ変えようかしら。

冒頭のシーンはね、CGが必要以上にアピールされているように感じたのよ。
おお~っ、スゴイね。
この映像。
あまりの映像に酔っちゃったよ(乗り物酔いみたいに)。
姉さんも、もう、年かな?なんて思ってしまった。

で、衣装やセットも特殊なんだよね。
その世界観が。
従来の歴史映画は作る必要なくて、新しいもので、どこか日本というものを・・・と聞いていたけど、私は日本ではなくて、中国のような感じがしてしまった。スミマセン。
使われている模様や色彩なのかな?
完全に新しいのではなくて、何かは従来の「日本」を引きずっていると違和感がないのかも。

それはそれで、日本の歴史が題材という概念を捨てて、新しい世界として見ていれば、どうでも良くなるんだけどさ、遊郭で女の子たちが踊るシーンがあるんだけど、そろっていたほうがいいところで、そろっていないように見えて、踊りも「ステキ!」と思えない感じだったのが残念だったなぁ。
北野監督の座頭市って、そのシーンだけ切り出しても、そのダンサーたちだけを取り出してもかっこよさを感じるじゃない?
あとは、歌と踊りがメインのミュージカル映画とか。
そこがメインじゃないとわかっていても、冒頭で出てきちゃうと、そんな「ステキ!」なダンサーたちを普段から目にしてしまっている私たちには期待値がグンと下がってしまうんだよね。

その後は、石川五右衛門が鼠小僧をしているシーンから陰謀の渦に入っていくまでは、なんか、リュッキュ・ベッソンのヤマカシを思い出して、ちょっと爽快かも。
あちらは、CGではなくて、本当にストリートランをやってる人たちだから、違う迫力があるよね。
ノリはね、アクション大目で、犯人に迫る48時間のイメージだったな。
血しぶきの飛び方や殺陣によって切られる首や腕の見せ方は、司馬遼太郎の小説、燃えよ剣の描写を頭の中で再現したような生々しさ。ウップ。

たまたま盗みに入った屋敷で、明智光秀の残した南蛮の箱が、パンドラの箱と作中でも言われている通り、あらゆる人たちにとっての災いを生んでしまう。
これが史実なのかは、秀吉も光秀も、あまり興味がない私にはわかりかねる。←私がはまったのは幕末中心に江戸時代だったから、他はノーマーク
どなたか、詳しい人がどこかで解説してくれているでしょう。

このパンドラの箱のカラクリから出された地図に指し示されている場所に行くと、そこには羽柴(秀吉)と明智の血判状が・・・。
というようなくだりは、幕末のアニメ、いろはにほへとを連想させられちゃった。
色々、いろいろ、本当に色々な話を引き出しまくって、私の頭の半分は大騒ぎだったよ~。←半分は真面目に見ている奴がいてくれた

この辺りから、五右衛門と才蔵、半蔵の関係がわかり始めるのね。
何やら、強い絆がありそうだぞ、と。
で、明確になっていくのは、幼かった五右衛門が織田に助けられて、忍びになったということから、秀吉に対する憎悪が沸いてくるということなんだけど、織田と五右衛門のつながりについては、そこまでの強い結びつきを感じるまでに至らないうちに、五右衛門は復讐に走ってしまうのよ。
そして、突然、茶々との再会。
この二人と五右衛門の関係については、もう少し、ほんのワンシーンだけでも、エピソードを追加してもらえると、五右衛門の気持ちに移入しやすいかも。

その代わり、才蔵との関係やそれぞれの背後については、やや丁寧に描写されていて、才蔵の最期には、知らずに、涙がブワっと出てしまう。
しかも、「コンチクショウ!!秀吉めっ!!」と石を投げる民衆に混じって、石を投げたくなる気持ち。
心の中で、「茶々、お前もじゃ!!そこで、秀吉を落としてしまえ!!」なんて、熱くなってしまう私がいた。

五右衛門と才蔵の友情、五右衛門と半蔵の師弟愛、才蔵の家族愛(恋愛)をすごく感じることができて、涙を誘う。
そして、五右衛門、才蔵、半蔵、佐助、茶々、それぞれが、戦乱の時代ではなく、平和を手に入れようと必死なのに、欲しいものは同じなのに、残酷な結果になってしまうという切なさ。
平和を手に入れようと、それぞれが最善と思う方法で動いているのに、何かしら、誰かしらの犠牲を生んでしまうということの矛盾。
正義って何だ?
自由って何だ?
平和って何だ?
って、考えさせられてしまう。

どんなに頑張っても切ることができない人の「欲」というものの罪深さや愚かさ。
いつまでたっても満足感を得ることができないことの恐怖やそんな自分に対する虚無感。
単純に言えば、この映画で秀吉は極悪人以外の何者でもないんだけど、一人の人間として考えると、平凡な人間なら誰しも陥る可能性のある深淵に飲み込まれてしまった孤独な人だったのかも知れないと感じてしまった。

自由というもので、周りの人が傷ついていく
才蔵から五右衛門へのメッセージ、私も肝に銘じておく。



それにしても、江口洋介、かっこよかったなぁ。
若かりし頃は、全くもってかっこいいと感じなかったのだけど、今回の肉体、本気でカッコイイ!!
あんな人が近くにいたら、間違いなく惚れてしまう。



でもね、役、キャラクターとしては、才蔵に惚れてしまった。
いい男だ・・・才蔵。
五右衛門は、本質が私に近いと感じてしまったので、痛々しい。
反省しまくりだった。

次は、ジョニー・デップも出るというティム・バートンの不思議の国のアリスが気になるかな?←先過ぎっ!!

テーマ:GOEMON - ジャンル:映画

  1. 2009/05/03(日) 22:49:43|
  2. 密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<変わるもの | ホーム | 連休短くね?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mu27.blog81.fc2.com/tb.php/142-5b475d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年05月 03日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 密かな楽しみ
  └ GOEMONを見に行ってみた
by AlphaWolfy

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url