なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

good by

大事に大事に育てていたヤムチャともお別れのときがやってきた・・・。

いろいろ寄り道したけど、ゲームが終わってしまった。
あのついでというか、あちらが本番というようなボスは倒していないんだけど。
私のゲームの中では、最後の最後までボスに梃子摺ることなく、そして、ピッコロより、悟空より、ヤムチャと天津飯が強くて、クリリンが最強のまま終わってしまった。

理由は簡単。
その三人が登場する部分だけ、やたらめったら迷ってしまい、戦いに明け暮れることになってしまったのである。
あんなにヤムチャに頼ることになるとは・・・。
とりあえずの終わりを迎えた今、一抹の寂しさを感じる。

さよなら・・・ヤムさん。


そのサヨナラともう一つサヨナラがあった。
仕事のほうの執筆で、調べモノしてたときに、昔読んだ古代ファンタジー巨編を思い出したのね。
コバルト文庫だったと思うけど、作者が思い出せなくて、調べたら、なんてことはない。
私の好きな作家の一人の氷室冴子の作品だった。
で、そこで初めて、彼女が昨年亡くなってたことを知ったのである。

訃報、結婚、などなど、有名人でも個人の部分に、ものすごく疎い人間であるということを再認識。
去年の6月6日。
そろそろ1回忌。
今更ですが、ご冥福をお祈りします。

彼女が生み出す新たな作品はもう二度とお目にかかることはないのだけど、作品自体は、手を伸ばせば届くところにあって、古さも感じない。
他の作家や漫画家、アーチストもそうだけど、その人自身が亡くなってしまっても、作り出した作品は様々な記録として残されていて、私のそばに在り続ける。
元々その作品を通じてしか知りえない人なので、その人の生き死にに実感が持ちにくい。

その作品を生み出した人が生きていても、亡くなってしまっていても、私の中で忘れられない作品であればあるほど、生き続けてしまう人なんだよね。
不思議なんだけど、なんだか、そういうのっていいなぁと思ってしまう。
私自身は素晴らしい物書きってわけでもなければ、クリエイターでもないのだけど、誰かの記憶に残るものを作ってみたいと思う。

その当時(何年前かは定かでない)読んでいた彼女以外の作家、前田珠子や新井素子といったところから、ダニエル・キイス、マイクル・クライトン、パトリシア・コーンウェル、酒見賢一、田辺聖子まで、新刊が出る度にその世界に引き込まれていた記憶がある。
ジャンルが定まらないのは、母、私、妹で、それぞれ買っていたのを回し読みしていたから。
「この作品が好き!」とか
「このジャンルにはまった!」というのもあるけれど、作家として引き込まれたのは、この人たちくらいだったのかなぁ。
あと、一時期、太宰治も読みふけったわ。
あとは、向田邦子もあって、手をつけてたなぁ。

前に書いたことがあるかもしれないけど、本を読むってことは、その本を通じて、その書き手の意識に触れているようなもので、その書き手が経験した出来事を知らぬ間に疑似体験しているような感じなんだよね。
周りの友達は、塾や習い事で、ヒマだけど貧乏だった私たち一家(笑)には、手軽に違う世界に旅立てる魔法のようなものだったんだなぁと、その当時を振り返って思う。

マンガも活字も関係なく、常に本が溢れてたもんなぁ。
図書館の本や新刊やマンガ雑誌とコバルトが(笑)。
ファッション誌と情報誌だけはなかった。
内容が創作意欲をくすぐるものじゃなかったし、中身が広告としか思えなかったから、立ち読みする程度だった。
今は、仕事ですもん!社会人になってからは、たまに買ってますよ!
でも、好みで言えば、マンガ雑誌や小説雑誌のほうが、書き手の世界を楽しめるから好きだなぁ。

いつもの通り、ものすんごく話が飛んで行っちゃったけど、そんなサヨナラ二本立てが今日の私の出来事だった。

ゲームもクリアしたし、ブックオフで探してみようかな?
氷室冴子の古代ファンタジー巨編。
んで、タイ出張に携帯。←本当はDSを楽しもうとしてた

ありゃ、今日は、絵を入れるようなところがないねぇ。
明日はネタの宝庫、マサトの生みの親と会うので、何かあるかも。
  1. 2009/05/21(木) 00:46:03|
  2. 密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ターボな気持ちになりまして | ホーム | 私を見守る男>>

コメント

マサトの生みの親だけど

ないから、何も(-_-;)
  1. 2009/05/21(木) 09:31:48 |
  2. URL |
  3. アキオ #-
  4. [ 編集 ]

Re: マサトの生みの親だけど

素の状態で、いろいろあるから大丈夫!!
ターボな気持ちにしてくれて、ありがとう!!
  1. 2009/05/22(金) 01:55:54 |
  2. URL |
  3. mujina #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mu27.blog81.fc2.com/tb.php/160-d6865074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年05月 21日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 密かな楽しみ
  └ good by
by AlphaWolfy

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url