なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英国人に嫉妬してみた

どうも最近、すぐ眠くなってしまう。

土曜日に友達の結婚パーティーで感激して帰ったかと思えば、すぐ眠気に負けてしまい、ようやく書き始めた下書きに集中したかと思えば、途切れた途端に寝てしまう。
一体全体どうなってしまったんだ!?
そもそも、構想練って、あらすじを考えたら、そのまま書き始めていた私が、構想のために自由帳2冊を使い、その上で下書きまで書き始めたという気合の入れっぷりが、どこかおかしい・・・。

今日は、授業のあとに、お勉強やお仕事で使っているプロジェクトペーパーとボールペンの換え芯を買いに、書店兼文房具店に寄ることになってしまったのも、珍しく、やたらめったらにメモをしていたり、文章書いていたりするからに他ならない。

そんな私が最近、嫉妬してしまうもの、それは英国人作家。
次元の違いをまざまざと見せ付けるルイス・キャロルやシェイクスピアはさておき、最近のハリーでも溜息だったのに、今日は、さらにこんなものを見つけてしまった・・・。
宇宙への秘密の鍵
大変です。
児童文学の世界は、科学のメスが入りまくり!!
他にも、さりげなく、最新の学問のエッセンスが入っているものがチラホラ・・・。
買ってしまいそうな予感に、危険信号がともる。

近所の本屋は、とても小さな書店で雑誌がメインと言っても過言じゃないのに、そんな状態ということなら、世の中全体では一体全体どうなってしまうのか!?・・・韻を踏んだわけじゃないです
そもそもそのジャンルは、私が子供の頃は、興味があれば、その手の子供用入門書から参考書のようなものにいって、そのまま専門書っていうコースだったぢゃないかっ!!
そんな物語は作られてなかったぞ!!
なんて、軽く驚愕しながら、数少ない記憶により非難してみた。

数学も科学も面白いのに、それを伝えるものが少なすぎる!!
そう思いながら、いろいろ書いてみていたけど、児童文学の世界にはもう定着していた。
大人向けだと、途端にマニアックになるか、感動ものになってしまうような気がするけど。
本屋に入ると気づかされるけど、「品格」とか、ノウハウものが多いよね、大人向け。児童書にもあったけど。

立ち読みしても、感慨を受けることはないことが多くて、ただ自分の存在を不安に思う人間の心理を突いただけのビジネスだなぁなんて感じてしまう。
マナーってブームじゃないし、大人とか男とか女っていうものに格をつけるってこと自体が何かに縋らないと自信が持てない優等生タイプの子供への安心材料として提供されているものと何ら代わりがないような気がしてしまうんだよね。

小説は、読書量が減ってしまっているせいか、ずっと心に残るようなものに最近は出会えていない。
そう考えても、ハリーはすごいかも。
読み返したい気持ちになるものしか手元に残していないんだけど、一人暮らしを始めてからの8年間?で残っているのは、20冊もないんじゃないかな?
心に残っている小説も、ごく僅か。
太宰萌え~って本まで出ている太宰や山本周五郎やダニエル・キイス、スティーブン・キングも話は残っているけど、その一文まで残っているものとなると、マイクル・クライトンとか、何故か梶井基次郎くらいかも。

そんなことを考えたときに、英米文学、特に英国の文学の割合が高いことに気づくのよ。
日本人である私が、日本の時代小説より、懐かしさを感じるだろう青春小説の割合を凌ぐんじゃねぇか!?と疑うほど。
このバリバリの日本人である私のDNAをも虜にしてしまう英国人の書く世界って何なのよ!!って、嫉妬しちゃうわけです。

ファンタジーを書くときの作家の世界観や学問を絡ませたストーリー展開に目が離せない・・・。
英国内でもいい作品だと思われたから、翻訳されているわけだから、逆に言ってしまえば、多言語に翻訳されて重版された日本の作品を読んでいれば、「すんばらしい!」と思うんだろう。
いい作品なら早くに出会いたいという欲が切ない気持ちを運ぶ結果になってしまうことがあるのもまた事実だろうなぁ。

文章の上手い下手でいうと、下手でも引き込まれる作品って、そうなりたいなぁと憧れを抱いてしまう。
文章表現の上手さや感性という面では、私はどうしても残念な人の部類になってしまうけど、それでもこれを伝えられると楽しんでもらえるんだろうというものはあって、私が憧れてしまう引き込まれる作品っていうのはその進化系じゃないかなぁと。

とはいっても、文章表現は上手いほうがいいし、感性も研ぎ澄まされているほうが断然いい!
伝えたい世界の魅力が激減しちゃうかもしれないしね。
そんなことで、精進したいと思うのですが、まぁ進化してませんな。
たぶん、中学生の頃から伸びていない・・・。
構想も構成も素敵な感じでも、文章にすると今一つ・・・宣伝広告機構に電話されちゃう勢い!という挫折に囚われることも・・・。
落ち込んでも、仕方ないので、再び、力不足を痛感させられる作業に戻ります。

ああ、ファンと言ってくれた先生、すみません・・・。
続きを書いてくれと言われたものも、新しいのもまだ日の目を見せてやることができない。
もう軽く10年は過ぎているのに、何も変わっちゃいねぇよ。
って、ぼやいている暇があったら、語彙の一つでも増やせ!と突っ込む余裕があるのが、せめてもの救い。
  1. 2009/10/19(月) 23:23:12|
  2. 創作メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<追い詰められた感じ | ホーム | 女子気分>>

コメント

も、もしや…

先生とはこの人なのでは…?

「バカモーン。はい、次ー。」
  1. 2009/10/20(火) 10:16:56 |
  2. URL |
  3. アキオ #-
  4. [ 編集 ]

Re: も、もしや…

先生っ!!

まだ、抱っこ抱っこして喜ぶだけの人間になれません・・・(T_T)
  1. 2009/10/21(水) 20:39:57 |
  2. URL |
  3. mujina #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mu27.blog81.fc2.com/tb.php/294-0522d774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年10月 19日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 創作メモ
  └ 英国人に嫉妬してみた
by AlphaWolfy

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url