なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逆らいたくて・・・

記憶を頼りに既知の対象を描画すると、それは、独自の造形になっていくか、いわゆるマンガ風であったり、キャラクター化した結果になりやすいという。

これはデザインやデッサンの本を読んでいるとよく目にする説明だ。

あまりにもよく目にするので、逆らいたくなってしまった。


「これが常識」って言い切られると、ぶち壊したくなる衝動に似ている。
「それはお主の偏見じゃ~!」というような反発。
そんな困った大人の挑戦。

長年、お付き合いしているmujinaこと貉を思い出して描いてみた。
あの人家を荒らすということでニュースになる姿を思い出して。
mujinauro.jpg
もちろん、前述の説明に反論したいという気持ちから生まれたので、無駄に線を増やしてみた。
そうすれば、後者のほうからは遠ざかるだろうという期待から。

だが、どんなに線を増やそうとも、元の姿がうろ覚えなので、無駄な線は無駄でしかなく、細部を再現しようがないので、どうしてもデフォルメに近いものになってしまう。
うん。
マンガ。

やってみたら、とても納得のいく説明だった。
わかりやすくて、カンパイ!
ああ、よかった。試してみる前に文句言わないで。
基本的に小心者だから、反論は実際に自分が取り組んだことで感じた事象に対してのみに限定する。
私は批評家にもなれそうもない。

ちなみに、観察が足りないと、その絵は描画した人の顔などの見慣れたものに似てしまうらしい。
でも、たぶん、私の顔はこんなんじゃない・・・はず。

貉だから、mujinaって入れてみたけれど、入れてみたら、このどうしようもない絵に愛情がわいてきてしまった。
不器用すぎて呟けないツイッターの画像とか、長期不在のmixiのプロフィールの画像をこれにしてみようかなぁ。


勝手に出版どうよと感じている記事に拍手を下さった方、
どうもありがとうございます。
長くなってしまったので、この後はしまっておきます。
昔からある業界というせいか、人気だったからか、相手を見下げるような対応にイラッとさせられることが多いのです。
「格が違う」という表現が多いのかな。

ビジネスとしてみれば、相手を見下して生き残ることができない世の中になっていると感じています。
それは大手や有名どころの会社と個人で仕事をされるクリエーターやデザイナー、プログラマーなどの方々との関係でも変わることはありません。
コミュニケーションツールが発達して、メディアから発信される一方的な情報を鵜呑みにされる方がいない、個の判断能力に磨きがかかっているという流れの中では、そのような対応はあっという間に己の身を滅ぼしてしまいます。それは、飲みの間にぽろっとこぼした言葉一つに見えただけでも同じ結果となると思います。

こんな辺鄙なところで日記を綴る私も、いつも冷や冷やです。
私の場合は自分自身がおバカさんなので見下すことはないにしても、小心者のくせに反骨精神が無駄に溢れているので・・・。
ただ、音声にしても文書にしても言葉として表現するときには、自分自身でそれなりの覚悟を決めて出します。
戦うことになったら、とことん受けてやる!のような無駄な熱さ。

「格が違う」に類する表現をする方々とは、私はお付き合いしたいとは思えません。
これは無駄な反骨精神や反発からではなく、「これはヤバイ」と私の中の何かが警笛を鳴らしまくるのです。
チャレンジャーであるうちは出てこない言葉だと思います。
ある程度の成長を終え、安定と定着を手に入れた後に起こるのではないでしょうか。
しかもそれは、定着までの道を作った方々ではない人が陥る。
安定や定着を作るのは決して保守的なことではなく、新たなものを定着させるというチャレンジ精神と柔軟さと地道な努力が必要な泥臭い作業です。

出版でいえば、今、電子に危機を感じている形態の以前は、別の形態ですよね。
間をスパッと抜いてしまえば、エロ本屋や娯楽であった出版物の浮世絵が現在、大衆の情報源や娯楽として存在しないのと同じことではないでしょうか。
そのずっと前の石板とか?
「紙なんてチャライ。こんな持ち運びできるものなんて、誰もありがたがらない。それより、この由緒正しい・・・」
などなど最後まで反論した人もいることでしょう。
「けふ」を「今日」ということに反論した人もいるでしょう。ら抜き言葉も。
それでも変わっていくものは、変わっていきます。
少し前に生きた人たちの願った姿が今であることを思えば、昔を懐かしむという気持ちは気持ちにとどめておいたほうが、その人自身も周りの人も幸せなんじゃないかと思うのですが。

「格」という言葉は新しいものには使われませんね。
その言葉は本当に似合う人は、おそらく自分自身やその周辺をその言葉でくくらない方ではないかと思います。
声高に言わずともよいものはよいのです。
古いものは当然のように日常からは引退していきます。
けれど、趣味の世界では消えることはないでしょうし、歴史的な価値も変わりません。

「ウチは違う」
「格が違う」
その言葉を使う方々は、変化を恐れているか、現実から目を背けて盲目になっているだけのような気がしてしまうのです。
そういった場合は、大船に乗ったつもりでも、実際は泥舟や沈没船だったりするのです。
そんな船に乗船しているって気づいたら、怖いですよね。
私はまだ死にたくないよ~! 
そういう気持ちになるのです。
長い長いお話になってしまいました。

まあ、そんな船だったら、救助ボートにでも乗って逃げ帰ってきましょうよ。

ちなみに、自分自身が所属している場所を「ウチ」という人は、仲間と敵?という意識を持ちやすく、仕事において使用される場合は、公私混同になりやすいとムック型の心理学の本に書かれていました。
ちょっと意識をしてみると、面白いですよ。
  1. 2010/08/11(水) 22:28:47|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まさかの運 | ホーム | 「ともだち」について考えていた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mu27.blog81.fc2.com/tb.php/563-a01ddc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年08月 11日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 徒然なるままに
  └ 逆らいたくて・・・
by AlphaWolfy

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url