なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大好きだけど大嫌い

そんな矛盾しかない気持ち。
近づきたいと思って努力しても、離れていく。
相手も、私の気持ちも。

そんな気持ちになってしまうのは、やはり、文章・・・。
喜びをくれるのも文章なら、廃人にしてくれるのも文章だろう。
考えるだけで、胸が痛い。
いつまでも手が届かないものを投げ輪を使うでもなく、マジックハンドを使うでもなく、ただ自分の手を芸もなく伸ばし続けているような苦しさがある。

金がもらえない=支払う価値もない⇒無駄
道楽か、現実を見ることができない愚か者。
そんな考え方もあるわけで、それなのに書かずにはいられない欲求を消すことができない自分自身との間で、揺れてしまう。

そんな感じで、私を黙らせるにはとっておきのナーバスな文章について考えてしまうのは、本屋でこれを立ち読みしちゃったからだ~!!
アーティスト症候群―アートと職人、クリエイターと芸能人
この著者かなり辛口批評をしている元アーティストらしい。
今は「やめた」と書いてあったけれど、描かずにはいられない人であれば、ほどよく苦しまない位置で楽しむ程度のお付き合いに変えたとしても、苦しみそう。
苦しんだ末にキッパリやめたから書いていると書かれていたが、今も苦しんでいるように思える。

手を伸ばしても届くことのないものに手を伸ばし続けること、それは決して、お洒落でもなければかっこよくもない。
ただ、苦しい。
受け止めた、感じた、考え抜いた素晴らしい世界が表現できないこと、泣いても笑っても自分を通した表現しかできないこと、勉強すればするほど至らない点しか見えてこないこと。
ただ、痛くて、やるせなくて、気づけば涙が出ていたりすることもある。
DSC00407.jpg
※これはカメラのHDR機能を使うときに生じる時差を表現してみました。1秒の世界。

アーティストという響きに憧れて、自称:アーティストやクリエイターの人が多いという現状に対する痛烈批判。
私は、そのどれでもない。
その分野の肩書きが全て重い。
私の力量では名乗れない。
ライターですら、名乗る気持ちにはなれない。
・・・いや、お仕事もらうためには書くけどね、職歴あるし。
私は勇気を出した最近でも、職業:派遣社員で、趣味:(ネット)サーフィン、写真、読書。
話が進んでようやく、読書好きで文章書くことも大好きと言えるくらい。
ライターとして紹介してくれる人も少なくはないのだけど、私は内心とても恥ずかしくてダッシュで逃げ出したくなる。
だって、力量が・・・。

むしろ、人の目ではどのように映っていたとしても、アーティスト、クリエイターなどなどを名乗れる人が、私は清々しくて羨ましい。
明るい日差しのイメージ。
私? よくて斜陽。誘蛾灯。いや、電池が切れる5秒前の懐中電灯。

じゃあ、本格的に勉強しようかと、某大学に新設された文芸学部の資料を取り寄せてみる。
でも、今の私ではダメだ。
授業料がもったいない。
力量じゃなくて、気持ちの面で。

果たして、私は文章を書いていていいのか?
そんな疑問が欲求を上回ることが多くなっているから。
少なくとも小学五年生から今まで毎日文章は書いていた。
けれど、力量不足という事実は消えることがない。
表現が単一で豊かとは言いがたい。
創作の世界観自体が受け入れられることが少ない。
ああ、ただの重度中二病患者じゃねぇか。なんて思う。

その大学、写真学部もあるんだよね。
そっちにどうしようもなく惹かれてしまう心も否めない。
それこそ「表現違えどもオレ流」なアーティストのようで、気持ちを否定してしまいたくすらなる。

HPにもある絵やマンガもどきは、全部小説由来のものなのね。
もともとストーリーが映画のように出てきて、それを文章にしてきていたから、先に「絵」ありきなの。
ただ、写真は別ものだなぁ。

ストーリーは頭の中に広がるのだけど、その中でも、説明のつかない大きな世界がただ「ある」のね、それに対して、驚くほど拙い感想しか述べられないほどの純粋な感動と言葉にすらならない感覚が生まれる。
その部分を補ってくれているもの。
難しい理論も悩みも全部ぶっ飛んで、ただ何かを受け取って、残そうとする動きに似ている。
私が文章で悩む、技術の力量不足ではなく、感性不足を忘れさせてくれる。
ああ、まだ、純粋に感じられる心が残っているのかもと。

だから、今、ただ単に面白い以上に、写真がいいのかもしれない。
逃げることのできない苦しみを一瞬でも忘れて、言葉にすると恥ずかしい表現をタップリ込められること、そして表現したい感覚を素直に受け入れられることが心地いい。
素直に指導を受け入れられる余裕があることも、気がラク。

「文芸はダメ」というのは、そこが一番大きい。
たぶん、今の私は創作分野の文芸についてアドバイスをされても受け入れられないだろう。
他の文章に関しても、きっと影響する。
受け入れるものについても、きっと素直な感覚を持てていない。
その状態では教育費が無駄になってしまう。
今の私の「文芸」といものの中には他者が介在しない。
それならば、外部からの吸収が多い写真のほうが、文章にも幾分有効に思えてしまうのだ。

DSC00398.jpg
文章没頭中には目に入らなかったかもしれないお弁当屋さんの観葉植物。
少しだけでも外に目を向けると、世界はこんなにも素晴らしい!! なんてね。

そんな頑なまでに自分オンリーになっても、表現したいことは、自分とか、葛藤とか焦燥とかいうオチはないよ。
今はまだ力量不足で伝えられない。
って、そうやって放置する技も使い始めたこともあって、今の私には「文芸ダメ」という判断が私によって下されている。
それに日本語が甘くなっている。
ミーはさ、固いワードだけじゃノンだとシンクしてるわけだ、なんて考えていたら、ゆるくなりすぎた。
今は、文章向けの言葉や表現が、私の中から逃走中。
大好きだけど、大嫌い状態って、本当に厄介だなぁ。



写真関連の記事と合間に入った動転するドラえもんの記事に拍手を下さった方々、
本当にどうもありがとうございます!!
なんだかんだ言っても、文章&写真は二大好きなものなので、拍手はうれしいのです。
メインの拍手ボタン押してみましたか?
今度はきちんとお礼入りですよ。
そう誘導してみたりして。
  1. 2010/10/08(金) 00:08:15|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<予感の行方 | ホーム | うっかり3の倍数>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mu27.blog81.fc2.com/tb.php/617-4bb3366e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年10月 08日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 徒然なるままに
  └ 大好きだけど大嫌い
by AlphaWolfy

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url