なんだか幸せな(脱)貧(希望)ブログ

ときどき反省~HYPER~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

走れ、走れ! 目指す先には何かある

掃除と洗濯、ジョギングといったような給料日前に最適な過ごし方で決めようとしていた今週末。
ちょっと、動かねばならん情報を得てしまった。

気になっていた写真展が本日最終日!!
ア~ンド 近代美術館で原弘展、しかも本日は無料開放日!!
まずい、これは行かなければ!

ところが、給料日前に加えて、定期が切れている。
ん?
何? 定期購入はカードが使える?
行くしかないじゃないかぁ。

洗濯終えて、予約している本が届いているという図書館へ寄ったあと、直行する気満々で家を出た。
その時点では時間に余裕があったので、久しぶりにのんびり本やCDを物色。
満足してカウンターへ向かった私に差し出された予約本は、1冊2キロはあるんじゃないかというような大型&ハードカバー本が二冊。
大き目のカバンを持ってきていたのに、入らないほどでかい。
そして何より重い。

仕方ないので、本を置きに家に帰る。
そして、気分新たに駅へ向かう。

写真展に着いたのは、閉場1時間前。
ものすごく期待して行ったのがよくなかったのか、はたまた写真については超大型の感動体験をしてしまったがためか、残念ながら心が揺さぶられるまでのものではなかった。
技法は面白いといっちゃ面白いのだけど、そちらにシフトし過ぎた? という印象を受けてしまった。

テーマの重要性とそのテーマを表現する写真選びの大変さを痛感させられる。
この1年近く、作品というものに相応しい粒度のテーマを探して彷徨い、足搔いて途方に暮れて、ヤケクソになって力不足を痛感してというように、いろいろ悩んでいるわけだが、まだ見えないもの。
文章でもその粒度と焦点に悩んで、結果、受け取り手との溝に課題を残しているわけだが、同じだなぁ。

ちょっと表現したいものが欲張りなのかもしれない。
個々の自己規制により統制があるように見えるだけで、実際はカオスとなっている世界というものをそのまま表現してみたい。
この状態がよろしくない!というような主張ではなく、楽しいこともあれば苦しいこと、悲しいこともある、自分の中で作られた前提では恵まれていないと思ってしまうような人の幸せなこと、誰もがうらやむ人の悲しみ、その一つ一つの生々しさが躍動感を生み出していて、なんとも愛おしい。

一己の人間としてみれば、刺さって抜けない古傷はある。
圧倒的な貧富の差を目の当たりにして、何もできない自分の小ささを痛感させられたことが、私にとっての古傷でターニングポイントでもあるのだと思う。
あれがなければ、たぶん、私は今の私にはなっていないだろうな、と。

ただ、それも私の視点ではない視点で見てみると、愛おしい。
何の関わりもない人をどうにかして自分の感じる幸せにしてやりたいと願ってしまう人がいるわけだ。
少なくとも、あの場にいた3人。
その「自分」が幸せだと認識するものを人にも適用できるかといえば、それは甚だ疑問であり、無意味どころか不幸を生むのかもしれない。
けれど、自己以外の何ものかを大切に思ってしまう気持ちというものを持っている存在で世の中が成り立っていることが気持ちを優しくさせる。

そんなことを感じながら、写真を撮っていたり、モノを作っていたり、考えていたりするときの私はすでに私ではない状態なんだけどね。
本当に「チクセントミハイ氏、名前付けてくれて、ありがとう!!」という気持になってしまう。
フローだよ。

私は意識体でしかなくて、私がいらないんだ。
そんなことで、そういうときはまるで社交性がない。
ただ感じている世界を描く。
それが文章であれ、絵であれ、写真であっても変わらない。

文章は読み手の好みで切ることができるし、より読み手の解釈にゆだねられる。
写真や絵では、一つの画面の中全体を見て物事を捉えてから細部に向かう。
例えば、最初からA4サイズの画面の中にある背景の壁3センチの染み5ミリに着眼するなんて見方はしないでしょう。
けれど、文章は逆。
全てを読んで、ようやく一つの世界ができるのに、途中で出くわすものに注目しすぎてしまうことが少なくない。
それが面白さでもあるけれど、私が表現してみたいという対象物は登場人物のセリフの一つ二つでもなきゃ、そいつの性格でもなくて、その世界そのもの。
局部ではなく、一つの生き方なんてものではないんだYO!
と、うっかり、昔の苛立ちが蘇ってしまった。
スミマセン。

マルチタスクかシングルタスクの違いなのかな。
もしくは主観的か客観的かという問題なのか。
はたまた偶像化してしまう心理があるか、否か、とか?
いや、感情や情緒がどれほど豊かであるかによるのか?
実例に遭遇しても、この問題に対しては、まだ私なりの結論どころか仮説も立てられないままだなぁ。

この問題は引き続き、考え続けていくにしても、当面の問題は私の作品向けのテーマだよ。
そんなことを思いつつ、人ごみに紛れて、気づくと、美術館の閉館まで45分を切っている現実が!

私、銀座から近代美術館まで走りました。
街に溶け込む服装、お洒落靴で、皇居の周りを走るジョガーたちを追い抜きました。
でも15分かかってしまった上に、汗だくでした。

そんな状態で見ても、巨匠は巨匠。
現代のグラフィックデザインのパターンは網羅されている印象を受ける展示物たち。

すごいなぁ。
彼らがこういったものを研究して、パターン化してくれていなかったら、今の私たちの身の回りのもの一つ一つの見栄えは微妙に居心地が悪いかもしれない。
この「常識」を作る偉大さに敬礼してしまう。
身の回りの「常識」や「当たり前」に使っている道具一つ一つにも同じような敬意を示さずにはいられない。

ただ、展示として見ると、ごめんなさい!
当然といえば当然だけど、ちょっと、平面物続きで退屈になっちゃった。
本当に申し訳ない。
たぶん、私も現代人の端くれ。
ペーパーの二次元だけではなく、映像が入ってきたり、それも立体化されてみたり、音も視覚化されてみたり、と、目に入る情報量が彼らが作った「常識」をベースに進化したものほうが圧倒的に多くなってしまっているので、刺激に慣れてしまっているのだと思う。

今の最先端が、いつか「古典」や「常識」になる頃、私たちの最先端を見た人たちはどんな感想を持つのだろう。
その頃には、どんな表現物が存在しているのだろう。
もしかしたらお目にかかることはできない未来の表現物を心待ちにする気持ちは、遥か彼方の惑星にラブレターを送った天文学者の楽観的で純粋な期待に近いかもしれない。

巨匠の展示室の隣にあった現代美術の展示に私は目が釘付けになってしまった。
これは、また、見に行かないと!!
ただ真っ黒に塗られているようにしか見えない作品。
よぉ~く見つめていると、なにやら浮かんでくる。
アド・ラインハート氏の作品。
全てを集中してようやく感じられたアレが伝えたかったものなのか?
私にはわからない。
もう一度、検証しに行きたい作品だよ。

最近、写真も絵もアップしていなかったので、撮るぞ! と思っていたのだけど、バッテリー充電し忘れていたので、カメラと外出できていない。
代わりに、スマフォでの一枚を。
DSC_0430.jpg
真実はどこに?
なぁんて、気にしているのはきっと人間だけ。
直接見ても、何かに映りこんだものでも、きれいなものはきれいだよね。
これは、お堀。


カーペットで暖をとっている間に寝ているなんてことが発生しなければ、平日もいろいろできるのだけど。
なんだか、残念なくらい、冬場のお家作業は進まないね。
  1. 2012/02/05(日) 23:09:37|
  2. 徒然なるままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<記憶をたどって… | ホーム | モテル、モテナイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mu27.blog81.fc2.com/tb.php/851-ff3e639c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
拍手する

リンク

現在の位置

ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ときどき反省~HYPER~
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年02月 05日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 徒然なるままに
  └ 走れ、走れ! 目指す先には何かある
by AlphaWolfy

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSリンクの表示

カテゴリ

徒然なるままに (531)
反省!?&浪費!? (13)
ネット&丘サーファーじゃない日 (12)
新たなる挑戦 (26)
ちょっと素敵!?恋愛のススメ (13)
姉さん!事件です (70)
密かな楽しみ (34)
感謝!!の気持ちを込めて (30)
目指せ!!菓子職人!? (8)
創作メモ (22)
お知らせ (26)
日本の魅力探索中! (27)
世界の果てまで行ってみる・・・か? (16)
PC絡みのいろいろ (29)
写真のこと (30)

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

プロフィール

mujina

Author:mujina

フィクションの小説よりスリリング。
信じがたい毎日を書き綴ってます。

人生って奥深い・・・。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
content=url